マルチタイムフレームにも対応したFX検証ソフトで有名なForexTester4を購入

マルチタイムフレームにも対応したFX検証ツールで有名なForexTester4を購入した

そもそもFXに検証って必要?

結論から言うと確実に必要です!

基本的にFXのトレード開始から終わり(決済)までの流れは「分析する」、「手法を用いてポジションを持つ」、「決済する」という流れかと思います。

FXトレードでの分析

まずはチャートを分析(テクニカル分析)すると思います。
分析方法はダウ理論を基本に移動平均線やトレンドライン、レジサポラインを意識し、インジケーターなども使うと思います。
この辺の分析方法については人ぞれぞれだと思いますが、少なからず自分なりにチャートを読み解き今後の流れを予測すると思います。
これがFXトレードで言う分析作業になります。

FXトレードでの手法とは

次に分析から導き出した価格帯に実際に価格が来たときに、その後も自分の分析通りの方向に価格が動いて行きそうかを見ると思います。
そして、実際にチャートが「こうなったら」の判断方法が「手法」になります。
ここではチャートパターンやプライスアクションなどを自分なりに組み合わせて使う人が多いでしょう。

ポジションを持って決済判断をする

ここまでに分析をし、その価格帯に価格が来た時に自分なりの手法でポジションを持つかどうかを判断し、思った通りの方向にチャートが進み始めたと判断したら、あとはトレード開始です。
ポジションを持ったあとは大事な損切りポイント、決済ポイントを設定して待つと思います。

先に説明したのが基本的なトレード開始から決済までの流れになります。

ただ、この1トレードだけなら検証は必要ありません。

安定して勝ち続けるには検証ソフトでの裏付けが必要

ですが、私がFXをやっているのは“お金を儲けたい”からです。
おそらく多くの人がそうだと思います。

そうなるとたかが一回トレードで勝っても大した金額にはなりません。
やはりずっとFXで勝ち続けていく必要があるのです。

私も始めはチャートを自分なりに分析し、その分析結果からトレードをするだけでもそこそこ勝てていました。
ですが自分の分析方法を変えているつもりはないのに、勝てる時と勝てない時がバラバラとあり全然安定しませんでした。
そして最終的には元手がなくなり再度入金するはめになりました

よくよく考えたら当たり前ですよね!?

元々FXに対して何の知識もない素人だった自分が本やネット情報で知っただけの“何の裏付けもない”方法でトレードをしているのですから、そりゃずっと勝ち続けることなんてできる訳がなかったんです。

確かにFXのチャートにはパターンがあり、同じような傾向の動きになる時があります。
ですが、かと言って必ず以前と同じチャートになるかと言えば、100%なりません!
ということは、自分ではトレードの度に同じ感じで分析しているつもりでも、その分析結果通りになることもあれば、ならないときもあるということです。

だからこそ、自分の分析結果に対する手法でのトレードがどのくらい信用度の高いものなのか知る必要があるのです。

なんせ“自分のお金を賭ける”わけですから、お金を増やそうと思って始めたFXで、結果お金を減らしてたら世話ありません。

この、自分のトレード分析、手法がどのくらいFXで通用するのかを知る方法が、過去検証になります。

ForexTester4などの検証ソフトがどれだけ便利か

私は長く勝ち続ける、また安心したトレードを今後もしていきたいと思っています。
そのためには過去分析と検証が必要だと思います。

私は普段FXのトレードには定番のMT4を使っているんですが、これだけでも過去分析はできます。
どの時間足でチャートを見るかにもよりますが、1時間足でも半年以上前までチャートを見ることができるので十分です。

ですが、自分が安心してトレードしていくためには過去分析から見つけたチャートパターンやラインの引き方が“実際にどれだけ通用するのか!?”を、過去データを元にした検証ソフトで試す必要があります。

そして、検証ソフトで試した結果から“その手法によるトレードの勝率”が出せます。

ここまでして出した勝率こそが、安心してトレードしていく(勝ち続ける)ための根拠となると私は思っています。

過去データでの検証だけなら無料ソフトもある

FXの過去データを使った検証ソフトには無料で使える「ThinkTrader」などがあります。
他にもMT4自体にもインディケーターで検証できるものもあったりします。

私もなるだけお金はかけたくなかったので無料ソフト(ThinkTrader)で過去検証していたんですが、やってみると分かるんですが本当に不便でストレスが溜まります。

その結果、絶対的に大事な過去検証がストレスやめんどくささから適当になったりして、もう意味のない過去検証になってしまったりしました。

おそらく他の人も私と同じようになるだけ初期費用は使いたくないと思うので、無料ソフトから始めると思いますが、必ず不満が出てきて検証を怠ったり適当になると思います。

有料検証ソフトがどれだけ便利か

ではこれが有料になったらどうなの?って話です。

私もForexTester4を購入するまでにめちゃくちゃ調べました。
ネット記事やTwitter、Youtube、知り合いで有料ソフトを使ってる人に聞いたりと、絶対に失敗したくなかったので。

その結果がForexTester4です。

ForexTester4のイメージ画像

 

とにかくまぁ便利です。

個人的に便利すぎると思う点を上げたいと思います。

  • ローソク足の巻き戻し
  • チャートを進める速さの上限下限
  • マルチタイムフレーム分析ができる
  • 移動平均線やラインをマルチタイムフレームで共有
  • 1分足のVIPデータまで正確に再現

他にもまだまだ有料ソフトならではの機能はあるのですが、際立って無料ソフトになく、あったとしても精度の違いが一目瞭然なものがこれらです。

過去検証は“普段自分が行っている分析方法をしっかりと再現して検証できる”か、その“価格の変動がリアルな過去データである”ことが大事です。

この2つのどちらか一つでも精度が低くなると、過去検証そのものの精度が低くなるので、結果意味のない過去検証になってしまうのです。

ForexTester4のダウンロードからライセンス購入、レジストリキーの登録

それではここからは具体的にForexTester4のダウンロードからライセンス購入、ForexTester4へのレジストリキーの登録までを書いていきます。

ForexTester4のダウンロード

まずは検証ソフトのForexTester4をダウンロードしないと始まりません。

ForexTesterの公式HPからダウンロードできます。

因みに有料版でなくても無料の「トライアル版」があるので、まずは軽く操作してみたい人はトライアル版をダウンロードしてみるといいと思います。

ForexTesterのダウンロードページ

ForexTester4をWindowsへインストール

ダウンロードしたForexTester4を実行するとセットアップウィザードの開始画面が表示されるので、そのまま進めていきます。

ForexTester4のインストール画像1 ForexTester4のインストール画像2 ForexTester4のインストール画像3

ここでForexTester4をインストールする場所を選択できますが、私はデフォルトにしました。

ForexTester4のインストール画像4 ForexTester4のインストール画像5 ForexTester4のインストール画像6 ForexTester4のインストール画像7

これであっさりインストールは完了になります。

ForexTester4のライセンスを購入

ForexTester4のダウンロード、インストールが終わったらレジストリキーを発行してもらうためにライセンスを購入しなければいけません。

ライセンスは複数あるんですが、大きく分けると下記になります。

ForexTesterは毎日最新のデータ(前日まで)を更新して取得することができるんですが、その最新データを更新できる期間が購入日から一ヶ月、一年、永久の3パターンです。

もう一つが、使用できる過去データの精密度になります。

ベーシック、スタンダード、VIPの3つがあり、VIPだとティックデータまで再現されています。

※ティックデータは1分足の中でもちゃんと値動きが確認できる感じです。

もっと詳しく知りたい人は公式HPで確認してください。

ForexTester4のライセンス購入画面1

因みにForexTesterのデータ更新課金は自動更新になりますので、もしこれ以上最新のデータは必要ないという場合などは自動更新キャンセルフォームから申請すれば大丈夫です。

ForexTester4のライセンス購入画面2

注文確定の前には数量、合計金額をちゃんと確認しましょう。

因みに私が購入したタイミングではハロウィンキャンペーンを行ったいたので料金が約半額?くらいになっていましたd(^^*)

FrexTester4購入の請求書、レジストリキーがメールで届く

先に説明した購入手続きをしたらすぐに請求書メールとレジストリキーが登録メールアドレスに届きます。

ForexTester4のライセンス購入画面3 ForexTester4のライセンス購入完了メール2

請求書中身はこんな感じ

請求書もしっかりしてるので経費申請する際などにもいいですね。

ForexTester4のライセンス購入請求書

ForexTester4にレジストリキーを登録

あとはレジストリキーの登録だけになります。

ForexTester4の初回起動時にはチュートリアルもあるので親切ですね。

まぁ私はスキップしましたが(ゝω・)

ForexTester4初回起動画面

チュートリアルが終わったらメニュー右端の「ヘルプ->プログラムの登録」をクリックすると下記画面になるので、あとはメールで受け取ったレジストリキー、ユーザー名(日本語可)、メールアドレスを登録すれば完了になります。

ForexTester4レジストリキー登録画面1 ForexTester4レジストリキー登録画面2 ForexTester4レジストリキー登録画面3

インターネット回線の状況によっては少し時間がかかったり失敗するかも知れませんが、何度か試してみれば問題なく完了まで行けると思います。

マルチタイムフレームにも対応したFX検証ソフトForexTester4を購入した感想

実際に検証をスタートするには、この後に自分が検証したい通貨ペアの過去データをダウンロードしたりする必要があるんですが、私はひとまずGBP/JPYだけダウンロードして使っています。

過去データのダウンロードや自動更新のキャンセルの仕方については下記の記事を参考にしてみてください。
>> ForexTester4で過去検証に必要なヒストリカルデータをダウンロードしたあと自動更新をキャンセル

まだ使い始めて数回ですが本当に便利で効率よく過去検証ができます。

実際のトレードで使っているMT4とは若干違いますが、操作方法や画面の各配置などほぼ同じですし、何よりマルチタイムフレーム分析ができるのが大きいです。

私は普段から特別なインジケーターは使わないので、これで完全に同じ分析方法、手法での勝率が出せます。

ちゃんと過去検証も行った手法でのトレードになるとメンタルの安定感が全然違うと思うので、それで確実に利益を伸ばせて行けると思えばForexTesterくらいの金額は簡単に取り戻せます。

仮に1つ安定して勝てる手法が見つかったとしても、これからFXを続けている限りいつその手法の勝率が下がるかも分からないですし、別の手法を模索したくなるかも知れません。

どうせ今後も使っていくことが分かっているのであれば、はじめから間違いのない検証ソフトを購入しておくことをおすすめします。

>> ForexTester(フォレックステスター)日本代理店