シンプルな自動デプロイまでの道のり(Gitolite編)

前回までに書いた記事はコチラ

シンプルな自動デプロイまでの道のり(VirtualBox+Vagrant編)

シンプルな自動デプロイまでの道のり(Apache編)

やっと目的に近づいて来ました。
今回はGitoliteのインストールを行います。

ホストOS側で作業

# ディレクトリ移動
cd ~/.ssh

# 鍵作成
ssh-keygen -t rsa -f git-admin

# Vagrant環境へ作成した鍵を移動
scp -P 2222 ~/.ssh/git-admin.pub vagrant@127.0.0.1:~/

ゲストOS側(仮想環境)作業

# Vagrantへsshログイン
vagrant ssh

# Gitolite用のユーザーを作成
sudo useradd git

# ホストOSから移動したファイルを移動
sudo mv ~/git-admin.pub /home/git/git-admin.pub

# 権限の変更
sudo chown git:git /home/git/git-admin.pub

sudo yum install git perl-Time-HiRes
git --version
git version 1.7.1

# gitユーザに切り替え
sudo su - git

mkdir ~/tmp;cd ~/tmp

git clone git://github.com/sitaramc/gitolite

mkdir -p ~/bin

gitolite/install -to ~/bin

~/bin/gitolite setup -pk ~/git-admin.pub

# 不要なファイルを削除
rm -rf ~/tmp
rm -rf ~/git-admin.pub

# authorized_keysの確認
ls -l ~/.ssh

# ログアウト

再びホストOS側作業

vim ~/.ssh/config
Host 127.0.0.1
    HostName 127.0.0.1
    User git
    Port 2222
    IdentityFile ~/.ssh/git-admin

# 好きな場所に管理用gitolite-adminをクローン
git clone 127.0.0.1:gitolite-admin

これにて作業終了なのですが、ふとここで自分のやりたい事は自動デプロイだけになるのでGitだけで事足りそうとこれ以上の深追いはおあずけにします。

タイトルがステマっぽくなり申し訳ないです。