Gitのフック処理を利用した自動デプロイ

今回実装する環境や設定内容は過去記事を参照ください。

シンプルな自動デプロイまでの道のり(VirtualBox+Vagrant編)
シンプルな自動デプロイまでの道のり(Apache編)

取り敢えず今回はローカル環境からmasterブランチにpushすれば本番環境のサーバ(www.example.com)へデプロイ。

masterブランチ以外にpushすればテストサーバ(debug.example.com)へそれぞれデプロイされる事を目標にしています。

環境説明

本番サーバー:www.example.com
テストサーバ:debug.example.com

Gitリポジトリ:www.example.com

サーバ上Gitへフック設定

以上で完了です。

スポンサーリンク
レスポンシブ




レスポンシブ




シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レスポンシブ