【さくらクラウド】サーバーを起動してNginxをインストールする

さくらクラウドのロゴ

さくらインターネットではVPSサービスの他にクラウドサービスも提供されており、違いとしては従量課金制や、他サービスとの連携、プランやスペックの変更の汎用性などがあります。

今回はそのさくらクラウドの方にサーバを立ててNginxをインストールし表示確認するところまで行ってみようと思います。

今回はテストで作成するのですが、さくらインターネットのイベントに行った際にもらったクーポンがあり料金から割り引かれるため東京第1ゾーンで作業を行います。

このゾーンによって料金体系に多少違いがあるので、みなさん適したゾーンで作業を行うようにしてください。

またテスト用としてSandboxも用意されているのですが、Sandboxに作成したサーバに対してはSSHログインなどが行えないため、コントロールパネルのコンソール機能を利用するか、API経由での操作しか行いない制限がかかります。

それで構わない場合はSandboxを利用すると、料金が発生しないのでテストしたい場合はお得です!

Sandboxにゾーンを変更する場合

コントロールパネルにログインし、左上のゾーンを「Sandbox」に変更します。

Sandboxだと無償でサーバ作成などを試せるので、今回のようなテストの際は便利ですね。

ゾーンをSandboxへ変更するスクショ

サーバを追加する

では今回は東京第1ゾーンにてサーバを追加したいと思います。

左メニューの「サーバ」一覧右上の「追加」からサーバを追加します。

サーバ追加画面のスクショ

ディスクイメージやプランの選択

さくらクラウドでもKUSANAGIが利用できるのは魅力的ですね。

ですが今回は下記の内容でサーバを起動します。

  • ディスクイメージ
    • CentOS
  • サーバプラン
    • 1GB / 1仮想コア
  • ディスクプラン
    • 20GB SSDプラン
  • 接続先のネットワーク
    • インターネット
  • サーバの設定
    • パスワード設定
    • 公開鍵は自分のものを利用
  • ホスト名
    • web-test(用途に適したホスト名を設定するといいと思います)

上記設定が終わったら作成ボタンでサーバを起動します。

さくらクラウドサーバ起動画面

起動が完了したらサーバ一覧に行って確認しましょう。

さくらクラウドサーバ一覧

SSHでログインする

それではSSHでログインしてみましょう。

sshコマンドに秘密鍵を指定し、ユーザーはrootでログインします。

インターフェースに表示されているサーバのIPにSSHでログインします。

サーバ起動時の設定で公開鍵を設定しなかった場合は、そんままパスワードでSSHログインできます。

Nginxをインストールする

それではyumを最新にアップデートした後、Nginxをインストールして行きます。

因みに今回はyumのアップデートが138もあり10分ほどアップデートに時間が掛かりました。

何とさくらクラウドの起動時のyumにはNginxがない!

大体始めからNginxをインストールできた記憶があるのですが、取り敢えずyumからインストールできるようにリポジトリに追加します。

ファイアウォールでhttpを開放

さくらクラウドでサーバを起動しただけではhttpアクセス(80番ポート)が開放されていない為、Webブラウザでアクセスしても許可されません。

このままではWebブラウザで表示確認が行えないのでファイアウォールの設定を変更します。

Webブラウザで表示を確認する

ではSSH接続でも利用したIPアドレスをWebブラウザに入力して表示を確認してみましょう。

ブラウザでNginxを確認している画像

Nginxのデフォルト画面が表示されたら完了になります。

スポンサーリンク
レスポンシブ