CentOS7でsmall_lightを使うとdwオプションで拡大リサイズされる

ショックをうけてるイメージ画像

拡大リサイズされる環境

CentOS

Nginx

ImageMagick

現象

元画像サイズ

幅:800px

縦:400px

細かい設定は省きますが、例えばsmall_lightの設定が下記だった場合、

msizeだとdwの設定値:640より、元画像の幅:800の方が大きいため、small_lightにより幅:640(縦は縦横比を保ったまま計算されます)に縮小リサイズされ表示されます。

そしてlsizeだと、dwの設定値:1280の方が元画像の幅:800より大きいため、small_lightのデフォルトでは無視され、元画像のままで表示されるのが正解になります。

ですが実際は元画像が幅:1280(縦は縦横比を保ったまま計算されます)に拡大リサイズされて表示される現象がおきます。

因みに

の環境にNginx、ImageMagickのバージョン、small_lightの設定も全く同じで検証すると、想定通りlsizeでは拡大リサイズされずに表示されます。

またImageMagickのコマンドとしてidentifyというものがあり、引数で指定した画像ファイルの種類や画素数など調べれるコマンドがあります。

それぞれのサーバに検証用画像をアップロードしidentifyコマンドで確認してみても、結果は同じでした。

もう丸3日くらいこれでハマっているのですが、正直お手上げ状態です。

どなたかアドバイス、ご教授頂ければ幸いです(涙

スポンサーリンク
レスポンシブ




レスポンシブ




シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レスポンシブ